« 建設性能評価①基礎配筋検査 | トップページ | 底盤部コンクリート打設(つづき) »

2006年12月11日 (月)

底盤部コンクリート打設

着工8日目(あと104日)

土曜日とはうって変わって今日は晴天。朝早くから底盤部のコンクリート打設が始まりました。生産担当さんも来ていました。(7時くらいからいたそうです。ご苦労様です!)

まずびっくりしたのが、巨大なクレーンが敷地にあったこと。遠くからも見えたので、何の工事だろうと思っていたのですが、まさかわが家の工事だったなんて!迫力があります!! Dsc013881_1

Dsc01393この方法だと、一杯運んでから次の一杯がくるまでにある程度時間がかかるので、その間にゆとりをもってバイブレーターをかけたりできるので、なかなか良いのだそうです。Dsc01380

そうそう、配筋検査のときに気になっていた防湿シートの破れも補修してありました。

今日は生産担当さんとお話する時間が少しあったのですが、わが家の生産担当さんは、「いい家を残したい」という意思をちゃんと持っていることが伝わってきて、なかなか頼もしかったです。あたりまえのことのようですが、そういう気持ちがものづくりには大切ですよね。Zさんには最後までしっかり監督をお願いしたいです。

|

« 建設性能評価①基礎配筋検査 | トップページ | 底盤部コンクリート打設(つづき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 建設性能評価①基礎配筋検査 | トップページ | 底盤部コンクリート打設(つづき) »