« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

透壁防水シート

着工59日目(あと53日)

今日は、最近抜けていた大工さんも復活して、大工さん4名、電気屋さん1名、軒屋さん(?)2名、工務店さん1名の、計8名のにぎやかな現場でした。

家の中は資材の山。足の踏み場もありません。Dsc027171

はれよめ家は、今週の日曜日に第3回目の建設性能評価の検査が入ることが決まりました。

今回は「壁下地検査」ということで、断熱材がきちんと施工されているか、等をチェックするそうです。

それに間に合わせるべく、透壁防水シート貼りと、断熱材貼りが行われていました。

今日も気になったことがあったので、工務店のOさんに質問してみました。

・透壁防水シートには表裏があるのか?(文字が印刷されているから、決まりがあるのかな、と思って)

⇒ありません。どちらでも大丈夫です。

・防水シートの内側に結露が!!これは大丈夫?

⇒きづれパネル自体も水分を含んでいて、工事途中ではやむを得ないこと。土台水切もまだ設置していないし、これから通気層をきちんと確保していけば乾きます。

そうですよね?!このままだったら腐れちゃいますよね(T0T)Dsc02723

・断熱材、左右にはタッカーを打つ位置が印刷されているのでわかりやすいですが、上下は何センチピッチで打つのでしょう?

⇒いまいち明快な回答がありませんでしたが、きっと決まっていると思います。次回検査のとき、生産さんに再確認してみようと思います。

まもなくきづれパネルも見えなくなってしまいますね。。

| | コメント (2)

2007年1月30日 (火)

いろいろ気になります

着工58日目(あと54日)

今日は現場を見に行っていません。どこまで進んだのか気になります。

そうそう。

昨日のことですが、現場に行ったとき、2階の勾配天井になる部分の室内側に、防風シートを貼っていました。とりあえず写真を撮ってきたのですが、家に帰って見ていると、シートとシートの重なりが一部足りていないことに気がつきました。Dsc02710

私の場合、現場にいる時よりも、撮ってきた写真で気づくことが多いです。

そうなると気になってしょうがありません。

ちょうどタイミングよく、別件で生産さんから電話があったので聞いてみると、室内側はそんなに重なっていなくても大丈夫とのこと。

「そうなんだ。よかった…。」(でも、あと少し重ねておいてくれれば安心なのに…!)

これからも写真はたくさん撮っておこう。。

私の場合、「あれ?」と思っても、どれが正解で、どれが間違いなのかわからないから、大変です。不安だけがつのります。

まぁ、気になったことはその都度確認すればいいのですが、結構神経使いますよね。

竣工までがんばらなくてはp(^^)q

| | コメント (2)

2007年1月29日 (月)

断熱材

着工57日目(あと55日)

今日は1階の大工さんが他の現場の仕事でいないため、2階の工事だけが進んでいました。

そういえば「1階の大工さん」、「2階の大工さん」って最初から紹介されたんですが、1階と2階の担当大工さんはどこの現場でも分かれているのでしょうか?

どうして分かれているのでしょうね?

2階には断熱材が貼られはじめました。隙間無く、きっちり施工をお願いしますね。Dsc02706

| | コメント (1)

2007年1月28日 (日)

着工56日目

着工56日目(あと56日)

早いもので、工期112日のうち、今日で56日目。ちょうど半分まできました。

記念すべき折り返し地点

今日はどんな工事が行われているのだろうと現場に出向くと…

静かです。うっかりしていました。今日は日曜日で現場はお休みでした(^^;)。。

あと56日で引渡し…。どんな気持ちでその日を迎えるんでしょうね。

| | コメント (2)

2007年1月27日 (土)

外構再検討

着工55日目(あと57日)

実際に家の形が見えてくると、外構プランが気になってきます。

平面図ではわかり辛かった土地の高低差などもはっきりしてくるので、それを踏まえて、再度、外構のプランニングを住林緑化さんにお願いすることにしました。

今日は現場にて住林緑化のKさんと打合せ。

すてきな門扉やアプローチにも憧れますが、まずはとにかく排水に重きをおいたプランニングをお願いしました。

はれよめ家の敷地は粘土質。粘土質の地面は手ごわいです!!

駐車場も、当初プランでは砕石を敷くだけでお願いしていましたが、雨が降ったときのぬかるみがひどく、コンクリートにしておかないと大変なことになりそうなので、その旨もお伝えしました。

ほかにもいくつか要望を出して、今日は終了。

どんなプランが出てくるかとっても楽しみですが、同時に出てくる見積もりはとってもオソロシイ…(ToT)。

今日は、生産Zさんも外構打合せに顔を出してくれました。

地面の状況がだいたい把握できているので、外構のプランニングで何か役にたてることがあれば…と、わざわざ来てくれたのです。

Zさんは本当に細かいところまで気を配ってくれる方です。Zさんが担当になってくれてよかった(^^)。

外構の打合せの後は、おうち見学。

リビングのサッシが付きました。思ったより大きい!Dsc02638

石膏ボードも貼られていきます。 省令準耐火構造のため、ボード中央の釘(ネジかな?)のピッチが少し狭くなるらしいです。Dsc02653

窓下にはあらかじめ防水シートが。強い吹き込みにもこれで耐えます!Dsc02651

窓ガラスにも「住友林業」のロゴがはいっています~。

Dsc02666 

旦那さん自慢の空中書斎にもサッシがはいっていました。書斎は、2階の寝室の一部を飛び出させるちょっと変わった作り。なので「空中書斎」。

営業Yさんと設計Mさんの遊び心いっぱいの計画に、まんまとひっかかった旦那さん(笑)。

「飛び出してるだけでも面白いんだから、窓は普通の引き違いにしておけば?足元も窓にすると、冬は寒いよ。」という、はれよめの反対を押し切って、正面ほとんど全面をガラス窓にしてしまいました。

男の夢なんだって!まぁ、ここは旦那さんの好きにさせてあげよう。

他にもY・Mコンビプロデュースによる、遊び心のあるフリースペースがありますが、それはまたおいおい…。Dsc026621

| | コメント (4)

2007年1月25日 (木)

サッシの件

さきほどのサッシの件で、生産さんから回答がありました。

「打合せ内容が図面に反映されていなかったための間違いで、オペレータータイプのものに交換します。すでにメーカーに手配をし、来週には交換できる予定です。ご心配おかけして申し訳ありませんでした。」

その直後、設計さんからもお詫びの電話をいただきました。

よかった~。ほっとしました。たぶん大丈夫だろうなぁと思ってはいても、内心どきどきでした。

はれよめが電話をしてから約2時間30分。すばやい対応に感謝します!!

何かあってもフォローがしっかりしている。さすが住林さん。よかったです。

| | コメント (2)

玄関に!

着工53日目(あと59日)

毎日現場に行くたびに感動するのもいかがなものかとは思いますが…。今日もやっぱり感動してしまいました。

玄関にドアがついたのです!!Dsc02543

こんなに嬉しいとは思いませんでした~(*^^*)

2階では、バルコニーの防水工事。シンナーのようなペンキのような…結構きつい臭いでした。。

Dsc02586

石膏ボードらしきものも、搬入されています。断熱材もきていたなぁ。

ということは、もうすぐきづれパネルも壁に隠れてしまうのね…。なんだかさみしい…。と思い、とにかくたくさん写真を撮ってきました。

光が差し込んできれい!Dsc02594

で、家に帰って写真をみていると、「あれ?この窓違う…??」

そうなのです。撮った写真に偶然写っていたサッシが、思っていたものと違う仕様だったのです。

はれよめはが苦手。網戸はずーっと閉めたまま、窓の開閉ができるようにと設計段階から考え、縦すべり出し窓は、オペレータータイプにしました。ハンドルでくるくる回すタイプです。

ですが、写真に写っているのはカムラッチタイプ。(こういう名前だってこと、今日知りました。)Dsc02577_sh01_1

さっそく生産さんに電話。現在回答待ちです。

図面上は間違っていないようなのですが、「虫がいやなんです~」と、打合せ段階からずっと言いながら決めてきたことなので、何かの手違いだと思います。早く気がついてよかった。。

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水)

サッシ搬入

着工52日目(あと60日)

今日も穏やか。

現場では、サッシ類を搬入していました。

手前が玄関です!標準だけど立派なものじゃないですか??(自己満足~^^)

早く養生を取って見てみたいなぁ~。Dsc02519_sh01

↓この右側に立てかけてあるのはLDKの一番大きな掃出し窓の枠ですね。思った以上の大きさです!

わが家のサッシ色はシャンパングレー。

明るすぎず、暗すぎず、いい感じの色だと思います。(流行色なのかな?最近このサッシ色のおうちをよく見かけますね。)Dsc02513

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

着々と

着工51日目(あと61日)

今日は穏やかないい天気。週末は実家に帰っていたので、中2日空けて現場に行ってきました。すると、外観にあまり変化はありませんでしたが、内部工事が着々と進んでいました。(あ、でも、屋根材はほとんど貼り終わっていました!)

先日行なった電気関係位置確認をふまえて、スイッチやコンセント用のボックスが、柱に取り付けてあります。Dsc02494

配線も半端じゃありません。こんなにたくさんぶら下がっています~。でもよく見ると、どのコードがどこに付く物か、ちゃんと印刷されているんです。さすが!Dsc02469

天井は独立天井。テクノロジーガイドによると、独立天井とは「1階天井を床梁から吊らずに独立させた構造。下階への音を大きく低減」するものらしい。そのための吊木受材(銀色部分)も施工されています。Dsc02485

気密テープもしっかりと。Dsc02483

隠蔽配管の工事も始まっていました。Dsc02476

わが家はエアコンを4台導入。1台は現在使用中のもので普通の外配管。3台は新規購入で隠蔽配管にしました。

隠蔽配管だけ住林さんにお願いして、エアコン本体は施主支給にすると、一番コストを抑えられるのですが、「1台だけでも本体を買っていただかないと…」ということで、1台だけ住林さんで購入。2台は地元の家電量販店で購入して施主支給としました。

まるまる3台、住林さんでエアコンを買うより、約17万円の節約ができました。

これらの配管は、柱に直接取付けると、釘などで配管を傷つけてしまう可能性があるため、金具(名前がわからないけど。。)を使って柱から離して施工するそうです。Dsc02477

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

電気関係位置確認

着工48日目(あと64日)

今日は生産担当さんと一緒に、コンセントやスイッチの位置の確認作業を行いました。

1・2階とも、図面と照らし合わせながら、高さなどをチェック。

大きな配置の変更はありませんでしたが、生産さんに助言を頂きながら、微調整をしました。そして、新たに何箇所かコンセントを追加。よって費用も追加です(ToT)。

チェックには約2時間かかりました。寒かった~!

最近設置された、資材置き場のテントの中を覗いてみると、大量の断熱材がおいてありました。

サッシが入って、断熱材を貼ったら、少しは家の中も暖かくなるかなぁ…?。Dsc02414

| | コメント (2)

2007年1月19日 (金)

住宅建設性能評価②(構造検査)

着工47日目(あと65日)

今日は2回目の住宅建設性能評価がありました。構造躯体の検査です。

検査官は前回と同じFさんでした。

金物や耐力壁など、要所要所をチェックしていきます。Dsc023271

時間は30分ほどだったでしょうか。

結果は良好。火打金物も十分な量が施工されているし、釘のピッチも大丈夫とのことでした。あとは、すでに見えなくなってしまった部分の写真を生産さんに依頼して、終了しました。

生産さんも、朝9時から来て構造検査をしてくれたそうです。釘の打ち直しをしたところが何箇所かあったけれど、それ以外は問題なかったとのこと。

ほっとしました~(´o`)。

でも、確かに素人のはれよめが見ても、「しっかり」感が伝わってくる家です。住林にしてよかった~と、今日は思いました。

これからもずっと、この気持ちのままでいさせてくださいね~!

*********************************************

さて、一安心したところで現場の様子をあらためて見学。

おや、入口にこんな貼紙がしてあります。Dsc02330

中に入るとこんな箱が。Dsc02348 「携帯電話入れ」

なるほどねぇ。こういうところにも細やかな配慮が。

現場は危険といつも隣り合わせ。集中力が命です。

********************************************

こちらは棟換気口です。

Dsc02317

スレートの搬入もはじまりました。わが家の屋根は、標準のコロニアルグラッサ。色はアイリッシュグリーンにしました。

こんな機械で屋根まで上げるんですね~。初めて見るものばかりで面白い♪Dsc02378

Dsc02379 「これ、人も乗れるんですか?」って生産さんに聞いたら、「たぶん乗れると思いますが、乗ってはいけません。」と言われました。そりゃそうだ。失礼しました…。。

********************************************

先日指摘した、2階の床パネルも取り替えてありました。調査の結果、強度的な問題は無かったそうですが、やっぱり無傷の物のほうが断然気持ちがいいです。ありがとうございました!

↓交換された床パネル

Dsc02411_2

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

木工事

着工46日目(あと66日)

今日は大工さんのほかに水道屋さん、外構屋さんが来て、にぎやかな現場でした。

今日は外から見学します。

ネットで見にくいですが、1階にもきづれパネルが貼られています。

明日は第2回目の建設性能評価の構造検査です。

Dsc02306

| | コメント (0)

2007年1月16日 (火)

垂れ幕

着工44日目(あと68日)

わが家にも本日、住林垂れ幕がかかりました!
「あ、”Feel Wood.”だぁ~」と思って近づいてみると、
ちょっと違ったバージョンがかかっていました。
「森のちからを、未来のちからに。」
おおっ、このコピーでしたか。なんだか新しそう。まだ真っ白です。Dsc02255_1

横に回ってみると、あ、こっちにありました。「Feel Wood.」

こちらはちょっとよれよれ。
今までに何件ものお家を見守ってきたのでしょうね…。

Dsc02277_1

工事は着々と進んでいます。今日は外周部の主要木材に防蟻処理がされていました。「土台の下端から1m」はちゃんと塗ってありそうですね。

サッシの入る場所もだんだん見えてきて、家のイメージも膨らみます♪

Dsc02259

Dsc02269

そうそう、昨日は屋根にルーフィングが敷かれていました。多少の雨ならこれで安心なのですが…。なるべく降らないでほしいですね。。Dsc02254_sh01

| | コメント (0)

2007年1月14日 (日)

屋内見学・きづれパネル

着工42日目(あと70日)

今日、初めて屋内に入ることができました。

感無量…。

生産さんから構造の説明を受けながら、見学・見学♪

柱の「住友林業」の刻印が全部南向きになっています~。刻印を同一方向に揃えて設置することで、建具を入れるための欠き込み等の向きも、きちんと揃うのだそうです。Dsc021831

まだ階段が無いので、はしごを上って2階も見学。予想以上にすばらしい眺めに、はれよめ夫婦は興奮気味。(風光明媚な田舎に建築中(^^;))

野地板も「住友林業」一色(笑)。Dsc02210

しかし、問題もありました。2階の床パネルに、ひび割れのようなが!?その場で生産さんに指摘。どう対応するか、回答は後日となりました。でも、施主の心情としては、これは絶対取替えですよね???Dsc02188

さて、施工上の不安はいろいろ尽きませんが、今日は待ちに待った、きづれパネルをまとったわが家の姿を見ることができました!!住林で建ててるぞって実感がものすごく湧いてきました~。

↓来たときはこれくらいだったのが…Dsc02174

↓帰るときにはここまで進んでいました。かなりのスピードです。

Dsc02238

明日はきっと、家全体がきづれパネルに包まれているのでしょうねぇ…。

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

屋根が!

着工41日目(あと71日)

屋根ができていました~(^^)

ものすごく家らしくなりました。

久しぶりに現場を見た旦那さんもびっくり。

天井高は標準なのですが、想像以上に屋根までが高く感じられました。Dsc02124

明日は生産担当さんが家の中を案内してくれる予定です。楽しみです!

| | コメント (0)

2007年1月12日 (金)

上棟

着工40日目(あと72日)

午前8時30分。

暗い雲が空を覆い、とても寒い中、現場を見に行きました。

今日は上棟です!!!

すでに柱が立っています。職人さんも10名ほどいて、とても活気があります。Dsc02072

この時点ですでに感無量のはれよめ…。

太い柱や梁が、次々とクレーンで運び込まれていきます。Dsc02094

ああっ「きづれパネル」です!!Dsc02104

今日は、本当は生産さんに現場の説明をしてもらう予定でしたが、どうやら他の予定とかぶっていたらしく(上棟なのに…)、急遽営業Yさんが駆けつけてくれました。

ちなみに生産Zさんは午後から少し立ち寄ってくれたそうです。

***********************************************

午後3時ごろ、お天気も回復してきました(^^)v。

差し入れを持って再び現場を訪れると、もう2階ができているではありませんか!!!職人さんたちのきびきびとした動きは見ていて気持ちがいいですね!

思っていた以上に頑丈そうな躯体。本当にこれからが楽しみです♪ Dsc02113

Dsc021191

***********************************************

とてもうきうきしながら眺めていた上棟の様子でしたが、その最中、営業さんから思わぬことを聞いて愕然。排水のことで、お隣の方にご迷惑を掛けていたことがわかったのです。

問題発覚の後の処理は迅速だったようで、営業さんもお詫びにいってくれたりと、そういう面での対応はよかったです。

ご近所へは迷惑を掛けないように、気を配っていたつもりだったのに…。家造りは細心の注意をはらって行わなければなりませんね。はれよめも、ぼんやり現場を眺めているだけで、注意不足だったなぁと反省。

お隣の方へ…いつもご助言、ありがとうございます。そして、ほんとうに申し訳ありませんでした。

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

木工事開始・土台敷き

着工37日目(あと75日)

今日から木工事が始まりました。天気は上々なのですが、雪が溶けません。

朝、生産Zさんから、わが家を担当してくれる大工さんを紹介してもらい、挨拶をしました。

これからよろしくお願いしま~す!

土台の下側だけは、先に防蟻処理をおこないます。Dsc02012

玄関周りとお風呂場は「気密パッキンロング」を使用。こちらは縁がスポンジのようになっていて、お互いを密着させて通気はさせないのだそうです。次世代省エネ対応。Dsc02034

基礎パッキンの上に、見る見るうちに土台が敷かれてゆきます。

鋼製束も設置。これは、後から伸縮の調節が可能なのだそうです。こんな細いので支えになるのかなぁ。大丈夫かなぁ??と素人のはれよめは思うのですが、これがなかなか丈夫なものなんですって。Dsc02047

土台に使われている木で、「スーパー檜」と雰囲気の違うものを発見。大工のSさんに聞いてみたところ、これは土台ではなく「大引」でした。。

木の種類も檜ではなく栂とのこと。

↓木の接着面が、地面に対して土台(写真左)は平行ですが、大引(写真右)は垂直になっています。

なんでだろう? Dsc02046

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

雪の中

着工36日目(あと76日)

昨日サボった雪かき(雪はコチコチに固まっていて、すでに「氷かき」でした)を少ししてから、やっと2007年初の現場を見に行ってきました!

いやぁ~、寒かった。。

はれよめ家は、明日からいよいよ大工さんの登場です。その前に、雪の残る中、工務店のOさんが作業をしていました。ほんとうにご苦労様です。

基礎の中に入った水をポンプで外に出しつつ、床下点検ロボット「エスカル」くんの通り道となる黄色と黒のテープを貼っていました。Dsc02004

Dsc02005

現場にはたくさんの資材が搬入されていました。

どこからともなく、ぷ~んと檜の香りが…。青いシートに覆われた物体。ラベルには「土台」と書かれています。ということは、これが「スーパー檜」ですねっ!!

早速下から覗いて撮影。Dsc019921

最初は無垢材の「ミズダス檜」にしようか迷いましたが、「集成材は構造計算ができます。」という営業Yさんの一言で、EWに決めました。

金物の山。これから長く家を支えてくれる大切な部材たちです。「あ、リブコーナーだぁ~。ハリケンタイⅡだぁ~。気密パッキンロングだぁ~。」Dsc01995

床下地パネルも置いてありました。ポーチ部分のコンクリ打設も終わっています。Dsc020031

仕様書やカタログでしか見たこと無かったものたちが、実際今、私の目の前に…。

なんだか…嬉しい。

| | コメント (0)

2007年1月 7日 (日)

謹賀新年

着工35日目(あと77日)

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

毎年恒例の年越し旅行に行っていたため、しばらく更新できませんでしたが、今日からまたぽちぽち日記を書いていこうと思います。

が…実は…、年が明けてから、まだ現場を見に行っていません。

旅行中もやはり現場の様子は気になって仕方がなかったので、今日ははりきって見に行くつもりでした。でも、はれよめの地方でもが降ってしまい、動きがとれません。。いえ、動く気がおきません(^^;)。

2007年波乱の幕開けとなりました(笑)。工程にも影響がでるのでしょうか…。とにかく無事竣工してほしいと願うはれよめです。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »