« インテリアフェア・住まい博 | トップページ | ラス網 »

2007年2月 4日 (日)

住宅建設性能評価③壁下地検査

着工63日目(あと49日)

はれよめの住んでいる地域は、朝から強風に見舞われました。砂埃がひどくて目も痛かったです(;;)。現場もシートやごみが飛び散って大変でした。

10時から住林緑化さんと外構打合せ。予想以上にいいプランだったのですが、恐れていた見積もりは、予想通りすごかった(´`)。これから取捨選択作業です。。

11時からは、第3回目の住宅建設性能評価検査。今回は壁下地検査です。

断熱材の施工の仕方などをチェックしてゆきます。だいたい30分くらいだったでしょうか。

大きな問題も無く検査終了。特に「断熱材の貼り方は丁寧で良い」と言っていただけたので嬉しかったです(^^)。Dsc02815

はれよめ家は、断熱材の施工についても、「しっかり貼ってもらえるかかなり心配している」と伝えていたため、本当にきれいに仕上がっていました。

↓隙間があるので、詰めなおしてくれるそうです。(赤く囲んだところ)Dsc028211_1

生産さんと大工さんも、私たちが満足できるよう、いろいろ相談しながら最善を尽くしてくれています。

生産さん・そして大工さん、本当にありがとうございます!!いろいろうるさく言ってすみません。

気になるところは今日も質問。すっきりとした気持ちで現場を後にすることができました。

家造りは一喜一憂の繰り返しですね。。

*******************************************

・断熱材の上下のタッカーのピッチについて生産さんに聞いてみました。

⇒固定する役割は左右の耳が主に担っているのでピッチが決まっているが、上下に関しては特にピッチは決まっておらず留まっていれば大丈夫、とのことでした。

|

« インテリアフェア・住まい博 | トップページ | ラス網 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インテリアフェア・住まい博 | トップページ | ラス網 »