« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月27日 (金)

トマトも穫れました!

蝉の鳴き声が絶え間なく聞こえてきます。いよいよ本格的な夏の訪れですね。

先日のピーマンに続き、わが家のトマトもやっと色づき、収穫することができました。直径4センチくらいの中玉トマトです。まだ青い実もたくさんついているので、これから毎日庭に出るのが楽しみです!Dsc05641

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

初めての収穫

さて…。無事、床補修も終わり、なんだか気が抜けました。。

昨日、雨のあがった庭を久しぶりに見ていたら、ピーマンがひとつ、食べごろになっていました。 確か、「京みどり」と言うかわいらしい名前のピーマンだったと思います。Dsc05284

草むしりだけではちょっと寂しいので、茄子とトマト、そしてピーマンをそれぞれ2株ずつ植えました。特に何の世話をしたわけではないのですが、ちゃんと実ってくれました。

とても嬉しかったです。さっそくサラダにしておいしくいただきました(^^)

| | コメント (4)

2007年7月15日 (日)

床補修5日目(完成)

台風の影響で、はれよめの住んでいる地域も大雨に見舞われました。明け方まで強く雨は降り続き、家の前の未舗装の道路は、ぐちゃぐちゃになってしまいました。

こんな天気で、どうなることかと心配していましたが、予定通り、今朝も9時から作業が始まりました。

床は張り終わり、造付け家具や、幅木の取付けが始まりました。

欠けてしまった石膏ボードは、パテで埋めていきます。傷ついたクロスも、まったくわからないくらい、きれいに貼りなおしてくれました。Dsc05228

でも、「どんなに丁寧になおしても、見えないところに傷は残ってしまうんだなぁ…。やっぱり補修は補修なんだなぁ。」と、ちょっと残念な気持ちになりました。

そして、午後、クリーニング(キッチンもやってもらえました!)とワックスがけをして、とうとう完成しました!!Dsc05249

やはりメイプルの床は良いです(^^)。一部コーキング等のやりなおし箇所は見つかりましたが、今後、3ヶ月点検もからめつつ、直していくことになりました。

荷解きは半分以上、生産さんと職人さんが手伝ってくれました。それでもまだダンボール4箱分ほど残っていますが、またぼちぼち片付けます。

5日間で、本当に床の張替えをしてしまいました。生産担当Fさん、Tさん、職人のみなさん、雨の中おつかれさまでした。そして、本当にありがとうございました。

今、久しぶりにリビングでゆっくりしています。さっきまで工事をしていたなんて、嘘のように静かです。やっぱりここが一番落ち着きます…。

| | コメント (2)

2007年7月14日 (土)

床補修4日目

床張りラストスパートです!!

台風4号の影響で、朝からずっと雨という悪条件の中、今日も大勢の職人さんが作業を続けてくれました。

前回、隙間ができてしまった原因と思われる、床暖房パネルの継ぎ目にも、ぴったり床板が打ち付けられました。 Dsc05195

とうとうここまで復活しました。かなりきれいに納まっているように見えます。Dsc05221

少し工程は遅れ気味ですが、予定通り、明日には終わらせるとの事です。でも、仕上げはきっちり、丁寧にお願いしますよ!

********************************************

今日、キッチンとリビングを隔てていたビニール養生が外されたのですが、おかげで大量の蚊がキッチンにも侵入。仕方なく今日もキンチョールを撒いたのですが、結構悲惨な状況に…。。工事中のリビングは仕方ないにしても、キッチンがこうなってしまうと、ちょっとへこんでしまいます(ToT)。

最後のクリーニングもきっちりお願いしよう…。

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

床補修3日目

今日は、本工事でお世話になった、もう一人の大工さん、Sさんも来てくれました。短期集中工事のため、毎日大勢の職人さんが来てくれます。ありがたいことです。

床に残った糊も、丁寧にグラインダーという機械(電気やすりのようなものでした。)で削り取り、床暖房パネルのこないところには、捨て板が貼られています。Dsc05140

こちらが新しい床暖房パネルです。以前のものより、釘打ち箇所(緑色)が増えています。Dsc05170 Dsc051451

そしてついに、新しいメイプル床を貼り始めました!。

床暖房パネルの釘打ち箇所までの距離、既存の床と新しい床との納まり等、それはそれは細かく計測してから床板張りが始まりました。Dsc05161

うーんっ、やっぱり美しい…!さすがはメイプルです!!

もう一度この工程が見れるのは、正直、ちょっと嬉しいです。でも…とにかく早く完成してほしい。。。

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

床補修2日目

リビングが工事中なので、今日は2階の予備部屋で一日中、息を殺してじっとしていました。こんなときはミニキッチンが大活躍です。ちょっとお湯を沸かしたり、コップを洗ったりできるので、なんとかやっていけます。付けといてよかった、ミニキッチン!(って、このために付けた訳じゃないですけど…)Dsc05115

今回の補修には、本工事の時にお世話になったK大工さんも来てくれています。再会は嬉しいのだけれど、内容が内容なだけに、ちょっと複雑です。

そして、ご紹介が遅れましたが、前任のZさんに代わり、わが家の生産担当はTさんになりました。Tさんは、Zさんの異動と同じタイミングで、今回、他支店から異動してきた方です。Tさんも、とても信頼できそうな方です。

今朝も9時から作業スタート。バリバリと大きな音が響いてきます。途中、雨が大降りしてきて心配しましたが、仮設テントがあったおかげで、事なきを得たようです。

今日は、残りの床板剥しが行われました。数ヶ月前、「もう見ることはないんだろうなぁ。」と思っていた床パネル…。Dsc05123

残った糊の跡も、きれいになるまで丁寧に削っていくのだそうです。

でも、かなりしっかり接着してあったため、きれいに剥すのに予想以上に時間が掛かっているそうです。「しっかり施工してあったという証明にはなりますが、うぅーん、大変です。」と、今回指揮を執ってくれている、もう一人の生産担当Fさん。なるほど。

*******************************************

昨日、工事が終わった後の室内に、20匹近い蚊が侵入しているのを発見。あわててキンチョールをどばっと撒きましたが、なかなか撃退できず、(しかもビニールの養生で覆われた密閉空間!)かなり苦労しました。

今日は、あらかじめ生産さんにそのことを伝え、戸締り前に、換気をしつつ、シューッと一噴きさせてもらいました。おかげで今日の侵入数は、昨日より断然少ないです。

工事中は、室内に電池式蚊取機も置いてくれていたようで、その心遣いが嬉しかったです。

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

床補修1日目

今日は、午前9時から床補修工事が始まりました。

まず、既存の荷物をリビング隣の和室に置くため、畳を上げて、床と壁を養生します。リビングカーテンも、汚さないように、仮のカーテンに掛け替えます。Dsc05076

仮設トイレ、テントに土間駐車場の養生。5日間という短い工期でも、ここまできちんとやってくれます。さすがとしか言いようがありません。Dsc051031

メイプルの床が、バリバリと音を立てながら、容赦なくはがされていきました。とても胸が痛みます。床暖房パネルもきれいに剥されました。Dsc05113

心配だった天気も、今日はなんとか持ちこたえてくれました。本工事のときには、この粘土質の地面にはさんざん苦労させられました。今回は無事終わるといいのですが…。

| | コメント (4)

2007年7月10日 (火)

床補修前夜

すっかり更新が滞っていました。すみません。。

さて、1ヶ月点検も終わり、何事もなければ3ヶ月点検を行っているはずの、この季節。わが家の3ヶ月点検は、もう少し先になりそうです。

実は、明日から床補修工事が始まります。そう、あれほど愛着のあった、リビングメイプル床です。

4月28日の1ヶ月点検で指摘した、無垢メイプル床のひびと隙間。やはり、この隙間は「木は生き物」で済ませられる範囲ではなかったようで、6月上旬に、生産担当さん2名、住林クレストさんからも担当者が来て、隙間やひびの長さを測ったり、木の乾燥度を調べたりしました。

その結果、「隙間のできた箇所が、床暖房のパネルとパネルのジョイント部分だった。そのジョイント部分と、床板をきちんと留めきれなかったことが、原因である可能性が高い。」ということらしく、

補修方法としては、「床暖房パネルのジョイント部分を改良した上、床暖房パネルと、リビング全面の床を張替えます。」と。

ひぇ~!!すごいおおごとになってしまいました。

おかげで今日から約6日間、急遽2階の空きスペースを仮リビングとして、過ごす羽目に(ToT)。

せっかく荷物も片付けて落ち着いてきたのに。。

なにより、あんなにきれいに全体が仕上がっていたのに。。。

いきなりちょっとしたリフォームです。

夕べから、できる部分はせっせと自分で荷物の箱詰めをし、今日は生産さんと工務店さんの方が、同じく荷物の箱詰めと、家具の一部を2階へ移動してくれました。Dsc05059 Dsc05061

引越し直後のようです。

造りつけのチェスターフィットも、キュビオスも一度外します。「ちゃんときれいに元通りにしてね…」と、祈るばかりのはれよめ夫婦でした。

短い間だったけど、ありがとう、メイプル床。

********************************************

でも、やっぱり住林で建ててよかった。引渡し後であっても、知らん顔せずに、きちんと対応してくれる。この安心感は、やっぱり大切だと思います。

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »