« きづれフェンス | トップページ | 床補修1日目 »

2007年7月10日 (火)

床補修前夜

すっかり更新が滞っていました。すみません。。

さて、1ヶ月点検も終わり、何事もなければ3ヶ月点検を行っているはずの、この季節。わが家の3ヶ月点検は、もう少し先になりそうです。

実は、明日から床補修工事が始まります。そう、あれほど愛着のあった、リビングメイプル床です。

4月28日の1ヶ月点検で指摘した、無垢メイプル床のひびと隙間。やはり、この隙間は「木は生き物」で済ませられる範囲ではなかったようで、6月上旬に、生産担当さん2名、住林クレストさんからも担当者が来て、隙間やひびの長さを測ったり、木の乾燥度を調べたりしました。

その結果、「隙間のできた箇所が、床暖房のパネルとパネルのジョイント部分だった。そのジョイント部分と、床板をきちんと留めきれなかったことが、原因である可能性が高い。」ということらしく、

補修方法としては、「床暖房パネルのジョイント部分を改良した上、床暖房パネルと、リビング全面の床を張替えます。」と。

ひぇ~!!すごいおおごとになってしまいました。

おかげで今日から約6日間、急遽2階の空きスペースを仮リビングとして、過ごす羽目に(ToT)。

せっかく荷物も片付けて落ち着いてきたのに。。

なにより、あんなにきれいに全体が仕上がっていたのに。。。

いきなりちょっとしたリフォームです。

夕べから、できる部分はせっせと自分で荷物の箱詰めをし、今日は生産さんと工務店さんの方が、同じく荷物の箱詰めと、家具の一部を2階へ移動してくれました。Dsc05059 Dsc05061

引越し直後のようです。

造りつけのチェスターフィットも、キュビオスも一度外します。「ちゃんときれいに元通りにしてね…」と、祈るばかりのはれよめ夫婦でした。

短い間だったけど、ありがとう、メイプル床。

********************************************

でも、やっぱり住林で建ててよかった。引渡し後であっても、知らん顔せずに、きちんと対応してくれる。この安心感は、やっぱり大切だと思います。

|

« きづれフェンス | トップページ | 床補修1日目 »

コメント

はれよめさん、こんにちは。

ブログ更新お待ちしてました。メイプルの床どうなったんだろうと思ってましたが、直してもらえることになってよかったですね。

それにしてもすごいことになってますね。ほんとにリフォームのようです。

また荷物を元に戻すのも大変でしょうが、がんばってください。

投稿: まぐ | 2007年7月11日 (水) 09時45分

>まぐさんへ
こんにちは。お久しぶりです!
ご心配頂き、ありがとうございます。
おかげさまで、補修工事をしてもらえることになりました。
せっかくのメイプル無垢材、たった3ヶ月で交換なんて、本当にもったいないし、辛いのですが、
この先長い目で見たら、今のうちに確実に直してもらえて本当に良かったと思っています。
今日からまた頑張って更新しますね(笑)!

投稿: はれよめ | 2007年7月11日 (水) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きづれフェンス | トップページ | 床補修1日目 »