2007年1月 8日 (月)

雪の中

着工36日目(あと76日)

昨日サボった雪かき(雪はコチコチに固まっていて、すでに「氷かき」でした)を少ししてから、やっと2007年初の現場を見に行ってきました!

いやぁ~、寒かった。。

はれよめ家は、明日からいよいよ大工さんの登場です。その前に、雪の残る中、工務店のOさんが作業をしていました。ほんとうにご苦労様です。

基礎の中に入った水をポンプで外に出しつつ、床下点検ロボット「エスカル」くんの通り道となる黄色と黒のテープを貼っていました。Dsc02004

Dsc02005

現場にはたくさんの資材が搬入されていました。

どこからともなく、ぷ~んと檜の香りが…。青いシートに覆われた物体。ラベルには「土台」と書かれています。ということは、これが「スーパー檜」ですねっ!!

早速下から覗いて撮影。Dsc019921

最初は無垢材の「ミズダス檜」にしようか迷いましたが、「集成材は構造計算ができます。」という営業Yさんの一言で、EWに決めました。

金物の山。これから長く家を支えてくれる大切な部材たちです。「あ、リブコーナーだぁ~。ハリケンタイⅡだぁ~。気密パッキンロングだぁ~。」Dsc01995

床下地パネルも置いてありました。ポーチ部分のコンクリ打設も終わっています。Dsc020031

仕様書やカタログでしか見たこと無かったものたちが、実際今、私の目の前に…。

なんだか…嬉しい。

| | コメント (0)

2006年12月28日 (木)

基礎検査&よいお年を!

着工25日目(あと87日)

型枠がとれて、基礎の全貌が現れました!感動です!!かなり頑丈そうです。

今日は生産さんの基礎検査もありました。わが家を担当してくれている生産Zさんは、まだ数回お会いしただけですが、きっちりした仕事をしてくださる方のようなので、心配性のはれよめとしては安心です。

計測したら基礎にマジックでチェック!Dsc01593_sh01

Dsc01611 防蟻処理用のパイプも設置。↓ Dsc01606

アンカーボルトの傾きについては、後から器具を使って直すとのことでした。それよりも、ちゃんと深さを確保して、ひっぱりに耐えるようにすることが大事なんだそうです。なるほど。

さて、昨日からにわかに懸案になった排水問題。

実は、排水方法については、当初からある提案を頂いていたのですが、予算の都合で却下した経緯がありました。

でも、思った以上に悪い水はけを目の当たりにして、やっぱりそのプランを採用したほうが絶対いいよね??ということになりました。

しかし、年明け早々には浄化槽&浸透枡等排水工事が始まる、さしせまったスケジュール。しかももう年末(住林さん自体はもう御用納めしているらしい)。いかがなものか…。

今日、だめもとで生産さんに確認してみました。

はれよめ  「あ、あのぉ。排水の件なんですけど、やっぱり以前頂いたプランを採用したいんですけど、まだ間に合いますか?」

生産さん  「えっ…?」(ちょっと動揺の色)

はれよめ  (ああっ、やっぱりだめだよね…。。)

生産さん  「いやっ、えっと、今から頼みこめば、なんとか間に合います。」

生産Zさんは、遠い将来、プラン変更に対応できるような部材をあらかじめ選んでくれていたため、こんな近い将来でもなんとか対応できるとのことでした。

さすがZさん!!!そんなわけで、仕様変更していただくことになりました。

Zさん、この期に及んで、それに体調も悪い時に無理を言って本当にごめんなさい。そして、ありがとうございます。おかげで胸のつかえがとれました。風邪、はやく治してくださいね。

さて、工事は30日までありますが、はれよめ日記の2006年の更新は今日でおしまいです。

2007年は、1月5日ごろ工事再開予定です。(でも、例の排水工事の関係で4日からはじまるかもとのこと。重ねて申し訳ありませんm(--)m)

お世話になった住林関係者の皆さん、そして工務店の皆さん、ありがとうございました。よいお年をお迎えください!

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

型枠外し

着工24日目(あと88日)

じっくり8日間ねかせた立ち上り部の型枠を、とうとう外す日がやってきました。

昨日、12月とは思えないすごい雨がはれよめの住む地方にも降りました。どうなっているのだろうと、心配しながら現場に行ってみると…ああぁ~~!!!

雨で現場が水浸し。基礎の中はプール状態。。。まぁ、基礎の中に関しては、ポンプで水を吸い出して乾かせばいいかなぁと、あまり動揺はしなかったのですが、基本的な敷地の排水が…。

粘土質の土で、水が集まりやすい地形だということはわかっていたので、それなりに外構・排水設計をしたつもりだったのですが、今日の様子を見ると、もう少し手を加えたほうがいいような気がしてきました。うーーーん(-”-;)。 

型枠が外れて、少~しですが立ち上り部が見えてきました。明日、生産さんの検査の予定です。Dsc01559

プールみたいな基礎の中。Dsc01551

手前のアンカーボルト、曲がってますね?許容範囲??

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

養生シート

着工22日目(あと90日)

じっくり養生中の基礎コンクリート。

昨日見に行ったら、風で養生用の「遮光断熱シート」がところどころめくれていました。

「これってどうなんだろう??シートが無くても養生自体にはあまり影響が無いのかなぁ?」「でも、せっかくのヒーターの効き目が半減しそうだよね~。」としばし考えた後、はれよめ夫婦はフェンスの低いお隣の畑側から現場に潜入(笑)し、シートをかぶせて帰ってきました。Dsc01498

そして、早速旦那さんが生産さんに電話。すると、工務店さんに連絡をとって対処します、とのお返事を頂きました。

今日現場に行ってみると、ちゃんといろんなものでシートが押さえてありました。すばやい対応ありがとうございました!

Dsc015051

余談ですが、今日はきこりん出演の住林CMをよく見かけます。

| | コメント (0)

2006年12月21日 (木)

養生中

着工18日目(あと94日)

ただいま基礎立ち上り部の養生中です。静かな現場です。

底盤部の時と同じように、基礎周りにヒーターが設置してありました。

お休みとわかっていても、なんとなく気になって毎日見に行ってしまいます。Dsc01484_sh01

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

立ち上り部コンクリート打設

着工15日目(あと97日)

今日は基礎立ち上り部のコンクリート打設でした。快晴です♪

今日もクレーンが来ています。 Dsc01461

丁寧に表面をならしていきます。この後10ミリほどレベラーを流してから養生します。Dsc014651Dsc01468

はれよめがしばらく様子を眺めていると、工務店の監督さんに「現場は見ていて楽しいですか?」と聞かれました。

もちろん楽しいです!めったに見られるものではないし、プロの職人さんの仕事は感動ものです。それになにより、何も無いところに物(しかも自分のお家!!)ができていくのを見てるのって、すごくどきどきしますよね(^^)。

そんな現場も養生期間でしばらくお休み。冬季なので約一週間養生するとのこと。さて、この間に年賀状書きをしようっと!

| | コメント (2)

2006年12月16日 (土)

立ち上り部型枠検査

着工13日目(あと99日)

午後からは、現場で立ち上がり部の型枠と、アンカーボルト等金物設置位置のチェックです。

はれよめ夫婦がお昼をすませて現場に行くと、さっきまでショールームでスーツ姿でお話していた生産Zさんが、作業着に着替えてすでに検査を始めていました。

配筋の時と同様、ほんとに安心のしっかりチェックです。

最後には型枠の中のごみを職人さんが掃除機でとってくれていました。「大満足」への着実な一歩です。

アンカーボルト、きれいに並んでいます!Dsc01433

| | コメント (2)

2006年12月12日 (火)

お休みの日に

着工9日目(あと103日)

今日から3日ほど養生期間だから、現場はお休みだろうなぁと思いつつ、やっぱり見に行ってしまいました。。

すると…、工務店の方が現場にいるではないですか!!なんだろうと思ったら、道路に鉄板を敷く作業をしていました。鉄板を敷くことは生産さんから聞いていましたが、今日だったんですね。

はれよめの家の前の道は、未舗装(^^;)。重機が通った際に道路の縁が崩れかかってしまったのです。実際見てみると、確かに縁が凹んでいます。

工事が終わるまでは鉄板で凌ぐとして、終わったら現状復帰しなきゃまずいですよね…。たぶん、そういうことも予定に入っているとは思いますが…。ね、住林さん!

土曜日は4者打合せ(おさらい会)です。その時にもう一度確認してみようと思います。

家造りは楽しい反面、心配事も尽きません…ふぅ。。

ちなみに、養生中の現場です↓Dsc01420

| | コメント (2)

2006年12月11日 (月)

底盤部コンクリート打設(つづき)

夕方、再び見に行ってきました。きれいです(^^)Dsc01409_1

このあと養生のためにシートをかけるのですが、養生中はヒーターをつけるのだそうです。(↓オレンジの線です) Dsc01412_1

| | コメント (0)

底盤部コンクリート打設

着工8日目(あと104日)

土曜日とはうって変わって今日は晴天。朝早くから底盤部のコンクリート打設が始まりました。生産担当さんも来ていました。(7時くらいからいたそうです。ご苦労様です!)

まずびっくりしたのが、巨大なクレーンが敷地にあったこと。遠くからも見えたので、何の工事だろうと思っていたのですが、まさかわが家の工事だったなんて!迫力があります!! Dsc013881_1

Dsc01393この方法だと、一杯運んでから次の一杯がくるまでにある程度時間がかかるので、その間にゆとりをもってバイブレーターをかけたりできるので、なかなか良いのだそうです。Dsc01380

そうそう、配筋検査のときに気になっていた防湿シートの破れも補修してありました。

今日は生産担当さんとお話する時間が少しあったのですが、わが家の生産担当さんは、「いい家を残したい」という意思をちゃんと持っていることが伝わってきて、なかなか頼もしかったです。あたりまえのことのようですが、そういう気持ちがものづくりには大切ですよね。Zさんには最後までしっかり監督をお願いしたいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧