2007年1月23日 (火)

着々と

着工51日目(あと61日)

今日は穏やかないい天気。週末は実家に帰っていたので、中2日空けて現場に行ってきました。すると、外観にあまり変化はありませんでしたが、内部工事が着々と進んでいました。(あ、でも、屋根材はほとんど貼り終わっていました!)

先日行なった電気関係位置確認をふまえて、スイッチやコンセント用のボックスが、柱に取り付けてあります。Dsc02494

配線も半端じゃありません。こんなにたくさんぶら下がっています~。でもよく見ると、どのコードがどこに付く物か、ちゃんと印刷されているんです。さすが!Dsc02469

天井は独立天井。テクノロジーガイドによると、独立天井とは「1階天井を床梁から吊らずに独立させた構造。下階への音を大きく低減」するものらしい。そのための吊木受材(銀色部分)も施工されています。Dsc02485

気密テープもしっかりと。Dsc02483

隠蔽配管の工事も始まっていました。Dsc02476

わが家はエアコンを4台導入。1台は現在使用中のもので普通の外配管。3台は新規購入で隠蔽配管にしました。

隠蔽配管だけ住林さんにお願いして、エアコン本体は施主支給にすると、一番コストを抑えられるのですが、「1台だけでも本体を買っていただかないと…」ということで、1台だけ住林さんで購入。2台は地元の家電量販店で購入して施主支給としました。

まるまる3台、住林さんでエアコンを買うより、約17万円の節約ができました。

これらの配管は、柱に直接取付けると、釘などで配管を傷つけてしまう可能性があるため、金具(名前がわからないけど。。)を使って柱から離して施工するそうです。Dsc02477

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

住宅建設性能評価②(構造検査)

着工47日目(あと65日)

今日は2回目の住宅建設性能評価がありました。構造躯体の検査です。

検査官は前回と同じFさんでした。

金物や耐力壁など、要所要所をチェックしていきます。Dsc023271

時間は30分ほどだったでしょうか。

結果は良好。火打金物も十分な量が施工されているし、釘のピッチも大丈夫とのことでした。あとは、すでに見えなくなってしまった部分の写真を生産さんに依頼して、終了しました。

生産さんも、朝9時から来て構造検査をしてくれたそうです。釘の打ち直しをしたところが何箇所かあったけれど、それ以外は問題なかったとのこと。

ほっとしました~(´o`)。

でも、確かに素人のはれよめが見ても、「しっかり」感が伝わってくる家です。住林にしてよかった~と、今日は思いました。

これからもずっと、この気持ちのままでいさせてくださいね~!

*********************************************

さて、一安心したところで現場の様子をあらためて見学。

おや、入口にこんな貼紙がしてあります。Dsc02330

中に入るとこんな箱が。Dsc02348 「携帯電話入れ」

なるほどねぇ。こういうところにも細やかな配慮が。

現場は危険といつも隣り合わせ。集中力が命です。

********************************************

こちらは棟換気口です。

Dsc02317

スレートの搬入もはじまりました。わが家の屋根は、標準のコロニアルグラッサ。色はアイリッシュグリーンにしました。

こんな機械で屋根まで上げるんですね~。初めて見るものばかりで面白い♪Dsc02378

Dsc02379 「これ、人も乗れるんですか?」って生産さんに聞いたら、「たぶん乗れると思いますが、乗ってはいけません。」と言われました。そりゃそうだ。失礼しました…。。

********************************************

先日指摘した、2階の床パネルも取り替えてありました。調査の結果、強度的な問題は無かったそうですが、やっぱり無傷の物のほうが断然気持ちがいいです。ありがとうございました!

↓交換された床パネル

Dsc02411_2

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

木工事

着工46日目(あと66日)

今日は大工さんのほかに水道屋さん、外構屋さんが来て、にぎやかな現場でした。

今日は外から見学します。

ネットで見にくいですが、1階にもきづれパネルが貼られています。

明日は第2回目の建設性能評価の構造検査です。

Dsc02306

| | コメント (0)

2007年1月16日 (火)

垂れ幕

着工44日目(あと68日)

わが家にも本日、住林垂れ幕がかかりました!
「あ、”Feel Wood.”だぁ~」と思って近づいてみると、
ちょっと違ったバージョンがかかっていました。
「森のちからを、未来のちからに。」
おおっ、このコピーでしたか。なんだか新しそう。まだ真っ白です。Dsc02255_1

横に回ってみると、あ、こっちにありました。「Feel Wood.」

こちらはちょっとよれよれ。
今までに何件ものお家を見守ってきたのでしょうね…。

Dsc02277_1

工事は着々と進んでいます。今日は外周部の主要木材に防蟻処理がされていました。「土台の下端から1m」はちゃんと塗ってありそうですね。

サッシの入る場所もだんだん見えてきて、家のイメージも膨らみます♪

Dsc02259

Dsc02269

そうそう、昨日は屋根にルーフィングが敷かれていました。多少の雨ならこれで安心なのですが…。なるべく降らないでほしいですね。。Dsc02254_sh01

| | コメント (0)

2007年1月14日 (日)

屋内見学・きづれパネル

着工42日目(あと70日)

今日、初めて屋内に入ることができました。

感無量…。

生産さんから構造の説明を受けながら、見学・見学♪

柱の「住友林業」の刻印が全部南向きになっています~。刻印を同一方向に揃えて設置することで、建具を入れるための欠き込み等の向きも、きちんと揃うのだそうです。Dsc021831

まだ階段が無いので、はしごを上って2階も見学。予想以上にすばらしい眺めに、はれよめ夫婦は興奮気味。(風光明媚な田舎に建築中(^^;))

野地板も「住友林業」一色(笑)。Dsc02210

しかし、問題もありました。2階の床パネルに、ひび割れのようなが!?その場で生産さんに指摘。どう対応するか、回答は後日となりました。でも、施主の心情としては、これは絶対取替えですよね???Dsc02188

さて、施工上の不安はいろいろ尽きませんが、今日は待ちに待った、きづれパネルをまとったわが家の姿を見ることができました!!住林で建ててるぞって実感がものすごく湧いてきました~。

↓来たときはこれくらいだったのが…Dsc02174

↓帰るときにはここまで進んでいました。かなりのスピードです。

Dsc02238

明日はきっと、家全体がきづれパネルに包まれているのでしょうねぇ…。

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

屋根が!

着工41日目(あと71日)

屋根ができていました~(^^)

ものすごく家らしくなりました。

久しぶりに現場を見た旦那さんもびっくり。

天井高は標準なのですが、想像以上に屋根までが高く感じられました。Dsc02124

明日は生産担当さんが家の中を案内してくれる予定です。楽しみです!

| | コメント (0)

2007年1月12日 (金)

上棟

着工40日目(あと72日)

午前8時30分。

暗い雲が空を覆い、とても寒い中、現場を見に行きました。

今日は上棟です!!!

すでに柱が立っています。職人さんも10名ほどいて、とても活気があります。Dsc02072

この時点ですでに感無量のはれよめ…。

太い柱や梁が、次々とクレーンで運び込まれていきます。Dsc02094

ああっ「きづれパネル」です!!Dsc02104

今日は、本当は生産さんに現場の説明をしてもらう予定でしたが、どうやら他の予定とかぶっていたらしく(上棟なのに…)、急遽営業Yさんが駆けつけてくれました。

ちなみに生産Zさんは午後から少し立ち寄ってくれたそうです。

***********************************************

午後3時ごろ、お天気も回復してきました(^^)v。

差し入れを持って再び現場を訪れると、もう2階ができているではありませんか!!!職人さんたちのきびきびとした動きは見ていて気持ちがいいですね!

思っていた以上に頑丈そうな躯体。本当にこれからが楽しみです♪ Dsc02113

Dsc021191

***********************************************

とてもうきうきしながら眺めていた上棟の様子でしたが、その最中、営業さんから思わぬことを聞いて愕然。排水のことで、お隣の方にご迷惑を掛けていたことがわかったのです。

問題発覚の後の処理は迅速だったようで、営業さんもお詫びにいってくれたりと、そういう面での対応はよかったです。

ご近所へは迷惑を掛けないように、気を配っていたつもりだったのに…。家造りは細心の注意をはらって行わなければなりませんね。はれよめも、ぼんやり現場を眺めているだけで、注意不足だったなぁと反省。

お隣の方へ…いつもご助言、ありがとうございます。そして、ほんとうに申し訳ありませんでした。

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

木工事開始・土台敷き

着工37日目(あと75日)

今日から木工事が始まりました。天気は上々なのですが、雪が溶けません。

朝、生産Zさんから、わが家を担当してくれる大工さんを紹介してもらい、挨拶をしました。

これからよろしくお願いしま~す!

土台の下側だけは、先に防蟻処理をおこないます。Dsc02012

玄関周りとお風呂場は「気密パッキンロング」を使用。こちらは縁がスポンジのようになっていて、お互いを密着させて通気はさせないのだそうです。次世代省エネ対応。Dsc02034

基礎パッキンの上に、見る見るうちに土台が敷かれてゆきます。

鋼製束も設置。これは、後から伸縮の調節が可能なのだそうです。こんな細いので支えになるのかなぁ。大丈夫かなぁ??と素人のはれよめは思うのですが、これがなかなか丈夫なものなんですって。Dsc02047

土台に使われている木で、「スーパー檜」と雰囲気の違うものを発見。大工のSさんに聞いてみたところ、これは土台ではなく「大引」でした。。

木の種類も檜ではなく栂とのこと。

↓木の接着面が、地面に対して土台(写真左)は平行ですが、大引(写真右)は垂直になっています。

なんでだろう? Dsc02046

| | コメント (0)